TOP>年代別転職活動について

年代別転職活動について

30代の方達へ

 

30代

30代前半が一番転職に適した年齢と言えます。
30代前半にもなれば実務経験を10年ほど経験してきた中堅どころになります。役職が付いている人もいるでしょう。

20代に比べて経験値も有り40代に比べて体力的に自信が持てる年代です。
40代以上の方が転職をするのは精神的にも大変です。

30代に入ってからの転職で一番必要な点は自分自身の専門性、キャリアを深めるという点です。

ある程度専門性が身につき、落ち着いた判断ができるのが30代です。
大切なことは、どういう方向でキャリアを深めていくかを考えておくことです。
 

2015226231333.jpg

今までの経験を活かし、同じ職種に転職する方もいれば、キャリアチェンジで前職とは全く違った業種・職種の会社に転職し、0からのスタートで始める方もいます。

メリットとしては今までの経験と合わせて、新しい道を開拓でき、新たなスキルを手に入れることが出来る点です。
どうしてもやってみたい仕事や職種があれば30代前半までにキャリアチェンジを考えてみましょう。

 まだまだ挽回のチャンスはきっとあります。

40代の方達へ

 

2015226215053.jpg
40代の転職に関しては、それ以下の年代に比べて非常に厳しいのが現実です。これは、求人数がそれ以下に比べて極めて少ないということが原因であり、応募 できる求人企業や職種が少ないという意味です。また、少ない求人枠に対して、多くの応募者が殺到するということで、書類選考などの通過率も非常に低くなる ということになります。
特に、長引く不景気によって、企業業績はますます悪くなっており、リストラも頻繁に行われる状況になっていますので、中高年の求人数が激減する状況になっています。

2015226215224.jpg

このような状況の中では、職種や職務が同じであれば、異業種への転職も厭わない人が増加しており、転職活動を始めてから数ヶ月以上も仕事が決まらないということも当たり前のようになっています。

40代で転職を考える人は、このようなことを踏まえ、自分が如何に実績や経験などに自信を持っていても、極めて厳しい競争になることを覚悟して、その活動 を行うことが必要です。

もちろん、諦めることが一番悪いことですから、前向きに希望を持って転職活動に取り組むことが重要であることは言うまでもありません。

特に最近では、不景気により、倒産やリストラが頻繁に行われていますから、やむを得ない状況とは言え、ネガティブなイメージで転職を捉える人が多いのではないでしょうか?

しかし、すべての転職がそのような状況で行われるわけではないことは、当然、皆さんもご存知ですよね。スキルアップや キャリアアップ、ヘッドハンティングなど、ポジティブな転職を行われている方も非常に多いことをご存知だと思います。

また、会社の都合で職を失うことは確かに残念なことですが、この不景気においては、それ自体は、その人自身の問題や責任があるというわけではないことの方 が多いと言われています。そういった意味で、ネガティブなイメージを持つことは、40代の転職希望者にとって、前向きな行動を阻害しますので、考え方を改 めた方がよいと言えます。

2015226214939.jpg

40代以上の転職者になると、業務経験だけではなく、これまでの知識も活かしながら業務展開をしていくという、マネジメント能力がある転職者が、求められてきます。

会社の売上げに貢献してくれる人材は、非常に貴重な存在ですから、経験が豊富な40代は有力な戦力になり得ます。このような考え方で、世間のマイナスイメージに捉われずに、前向きに転職活動を行うことが大切です。

これまで多くの成果があればあるほど、周囲からの「信頼性」も生まれるのです。
しかしうまく周囲の人間と協調していく人間性もなければうまくやっていけません。
40代の中間層にはこのようなことが求められているのです。
さらに人脈や営業力などもこれまでに培ってきたものです。しかし経験が全てプラスになるというものではありません。今も昔のやり方が通用するとは限らないからです。

経験を活かしながらも、それに縛られることなく新しいものを見出せていける力が必要とされるのです。

 

50代の方達へ

 

201522622489.jpg

50代の転職活動の悩みとして、あげられるのが。
・自分の価値
・年齢的に転職できるかの不安
・たくさんの求人情報から探しきれない
・ハローワークまで通うのが面倒
・これまでの経験や知識を探したい
・相談できる相手がいない
などです。

 

50歳を過ぎてはじめて転職を経験する役職付きの人と、50歳過ぎまでに多くの転職回数がある人では、同じ基準で成功・不成功を決めるのは不可能です。

50代で住宅ローンや生活費を稼ぐ必要がある人にとっては“より年収の高い職場へ移ること”が転職の成功でしょうが、年収アップだけを目的にする転職はうまくいく可能性が低いです。

 今の会社を辞めてしまう前に、自分の「転職市場価値」を教えてもらうと、意外に低いことに驚く50代は多いです。

 というのも、今の大企業の中高年の年収は、“これまで20年以上、今の会社でずっと働き続けてきてくれたことに対する恩給”的な金額が上乗せされているからで・・・転職市場価値の場合は、もっとシビアに実力で評価されるでしょうからずっと低い数字になってしまうのです。

 一般的に転職すると年収はダウンすることが多いのですが、現職者であれば30代までは現状維持、40代で1割ダウン、50代で2割ダウンなら普通~転職の成功であると思わなければなりません。

2015226225024.jpg

成功へのヒントは、私たちを取り巻く市場環境が大きく変わったことを認識することです。「時代の変化」に気がつくこと、と言い換えてもいいかもしれません。

同年代の転職希望者が、どんな活動を行っているのかをチェックし、取り入れられることは、どんどん取り入れていきましょう。

自分が転職するにあたり、キャリアの仕上げとして何を成し遂げたいのかを、一度じっくり考えてみてください。

あなたらしい働き方ができる職場が、きっとあります。しっかり自己分析と企業研究を行い、企業だけでなく、地域や社会に貢献できる転職を実現してください。

本当に自分がやりがいを持って働ける職場を見つけるためには、他人の評価される実績と人間性が不可欠なのです。

 

50代の転職のための強みとして

・常に何事にも問題意識を持ち、解決策を提示して、実行することができる
・高いコミュニケーションスキルにより、社内外の交渉に長けている
・常に何事にも問題意識を持ち、解決策を提示して、実行することができる
・日々の業務の中で的確に判断し、成果をあげるという責任を果たすことができる
・これまで培ったノウハウを使いこなし、不慮の事態や環境の変化に即応できる
・社内外で利害が異なる立場のひとたちを調整し、合意させることができる
・年齢や価値観の異なる関係者の支持を得ながら、業務を遂行できる

こうした能力がある人は企業は高く評価します。
そうした企業別のニーズと持っているノウハウやスキルは何かを考え、面接に盛り込めれば、あなたの印象は高くなるはずです。

50代で転職をするときめたのですから、定年まで勤めることを視野に入れていると思います。あなたのキャリアの集大成となるものを選んでほしいものです。